「花と緑の東京募金」では、多くの企業・団体等の皆様に募金活動に取り組んでいただいております。ここでは、その募金活動内容についてご紹介させていただきます。

募金活動実施の際の募金箱・のぼり旗の貸与、各種募金関係画像・写真の提供、パンフレット・各種配布物等の提供につきましては、「東京都環境局自然環境部計画課」までお問い合わせください。


■ 現在実施中の企業・団体等の主な取組のご紹介

新規・継続でタイアップしていただいている企業様や内容のご紹介

■東日本銀行様 

企業のSDGs※に対する取り組みを支援し、社会が抱える問題の解決に取り組むため、「寄付型SDGs推進ローン」を取扱いされています。融資実行額の0.1%相当額を「花と緑の東京募金」を含むSDGs推進につながる事業者に御寄附いただく取組です。
※SDGsは2030年までに持続可能な世界を実現するために国連によって定められた開発目標で、飢餓の根絶や気候変動への対応などの17の目標(ゴール)から構成されています。2015年9月に国連サミットで採択された先進国を含む全ての国々の共通目標です。

東日本銀行様

■興産信用金庫様 

緑あふれる都市再生のために「花と緑の東京募金」などに協力する「エコグリーン定期預金」を発売されています。店頭表示金利に0.02%を上乗せした利息を適用するとともに、12月末の預金残高の0.02%相当額を「花と緑の東京募金」に御寄附いただく取組です。

エコグリーン

■株式会社ライトアップショッピングクラブ様 

環境月間である6月から、12月までの期間の売上の一部を、「花と緑の東京募金」に御寄附をいただく取組です。創業40周年の年である2011年から継続して実施していただいています(2011年~2015年は「緑の東京募金」への御寄附)。「花と緑の東京募金」を通じて、都市のヒートアイランド現象緩和や子どもの学習の場としても効果のある「校庭芝生化」の推進に御協力をいただいております。

lscロゴ

■「渋谷・表参道Women’s run」実行委員会様 

2017年3月26日に行われる「第7回渋谷・表参道Women’s run」は、渋谷・表参道で行われる女性ランナーのためのランニング大会です。普段は多くの人や車が行き交う渋谷・表参道のメインストリートや、静寂な明治神宮の境内など10kmがコースとして開放され、初心者でも楽しめるレースです。ファミリーやキッズ向けなどの種目もあります。この大会の参加料の一部をチャリティーとして「花と緑の東京募金」に御寄附いただくほか、エントリーの際に参加者に任意のチャリティーも募っていただく取組です。

 

■ 株式会社いなげや様・日本ハム株式会社様 

スーパーマーケット「いなげや」の店頭で販売されている日本ハム「森の薫り」シリーズの売上の一部を、「花と緑の東京募金」に御寄附いただく取組を実施されています。

株式会社いなげや様のコーポレートマーク「若木」と日本ハム株式会社様の「森の薫り」ブランドが、双方とも「森林」をイメージすることから、森林保護活動の一環として、共同で「花粉の少ない森づくり」を応援していただいています。この取組は、「緑の東京募金」の創設当初から継続して実施しています。

また、株式会社いなげや様は、「すこやけくの森」を開設し、多摩地域の森林整備にも参画しています。

森の薫り

■ 一般社団法人東京都自動車整備振興会 様 

国から認証を受けた自動車整備工場で、自動車の定期点検を受けた方へお渡しするGOODマークステッカーの売上の一部を「花と緑の東京募金」に御寄付いただく取組を実施されています。定期点検によって、走行距離や時間経過に伴い、車の部品が劣化したり摩耗して燃費が悪くなることを防ぎます。車の性能を維持することでCO2排出が削減でき、地球温暖化防止にも寄与します。


GOODマークステッカー